Wild_mamm_01
Wild_mamm_02
Wild_mamm_03
Wild_mamm_04
Wild_mamm_05
Wild_mamm_06

野生哺乳類

厳密な被毒調査もしくはハイヤー ∙ ティアのフィールド調査の対象となる哺乳類の特定のために、野生動物チームはスタンダードな一般的対象動物のフィールド調査を各国ごとそして特定の作物ごとに農薬使用期間中に行っています。

お客様のご要望にお答えした形での作物タイプ別もしくは調査対象となる哺乳類が生息する農薬使用地域別に対象動物が過ごす時間配分(Portion of Time、PT)や、捕食量(Portion of diet) などといった現実的な被毒のパラメーターを確定するといった一般的なGLPフィールド調査も承っております。
農薬の使用による野生動物への潜在的な影響は現実的なフィールドのコンディションにて測定される必要があります。

リフコンの哺乳類への影響のGLP調査は集中的もしくは広範囲のアプローチから成り立っています。集中的なアプローチでは感温性ラジオテレメトリーなどの高度な技術を使用して個体の成り行きの調査に焦点をおき、広範囲でのアプローチでは標識再捕獲法などでの個体数調査、死骸調査、及び行動観察などといった調査を行っています。

死骸に含有される農薬残留量の分析は公認された協力研究施設で行われています。
サービス内容
  • 焦点となる種のフィールド調査
  • PT 調査
  • PD 調査
  • 回避調査
  • 行動調査
  • 影響 (急性及び長期) 調査
  • 残留物分析の準備
ダウンロード
>> ダウンロード ページ