Biene-an-Guttationstropfen-2
Dust-Aussaat
Dust-Petrischalen-3
Wetterstation

ミツバチの被毒調査

 

これまで、ミツバチにおける作物に残留量した農薬の影響の調査では、主に口径及び皮膚からの被毒について行われていましたが、近年、薬剤処理された種からの被毒についても汚染されたいつ液、種子被覆の粉末、及び、花粉や蜜に残留する農薬の摂取の観点から考慮するようになりました。

リフコンのチームは薬剤処理されたさまざまな作物の種子の種蒔時、及びその後における汚染されたちりの飛散を観測記録するための特殊な方法を確立しました。
リフコンでは継続的分析のための花粉やほかのハチたちによって誘導されたマトリックスの収集の経験も積んでおり、ヨーロッパのさまざまな地域で同時に調査を行うことが可能です。

実験室での汚染されたいつ液の摂取によるミツバチへの潜在的な危険性を解明する調査についてのバックグラウンドを考慮に入れ、当社ではミツバチから複数の農薬に汚染されたいつ液の摂取による被毒の度合いを測定する為に数々のフィールド調査を行ってまいりました。
サービス内容
  • 2D 及び 3D でのちりの飛散(ドリフト)調査
  • いつ液調査
  • 花粉への残留調査
  • 残留分析の編成