Ecotoxi_resi_01
Ecotoxi_resi_02
Ecotoxi_resi_03
Ecotoxi_resi_06
marcel
pitfall

環境毒性学と農薬残留

現在、鳥類と哺乳類を対象としたリスクアセスメントにてメインとされている被毒経路は捕食を通しての残留する農薬の摂取だとされています。

餌となりえる物に残留する農薬はリスク評価の結果に影響を及ぼす重要な要因となっています。私たちは多くの脊椎動物たちに摂取される可能性のある餌となるもののサンプリングを行う事を目標とした信頼性のある特別な方法を確立しました。
さまざまな地層に生息する節足動物、ミミズや、農業生産工程管理のテストに従って取り扱われた種子や、果物、葉などの植物性のものなどが餌となるものに含まれます。 後続した残留量の分析はリフコンのエキスパート達に関連のあるパラメーターの計算を可能にし、お客様のリスクアセスメントに必要な精巧な残留物の濃度の提言をする事を可能にしました。
サービス内容
  • 散布飛散調査
  • 種子への残留量の調査
  • 植物への残留量の調査
  • 花粉への残留量の調査
  • 節足動物への残留量の調査
  • ミミズへの残留量の調査
  • 残留分析の編成